食欲不振

  • 空腹なのに食事が進まない
  • 食事をしだすとすぐ満腹感を感じる
  • 食事後、胃もたれや吐き気に襲われる
  • 最近寝不足が続いて食生活が不規則
  • ストレスで胃が痛む

逗子市/逗葉鍼灸接骨院

まず皆さんは、「食べないのに食事が進まない」「あまり食べたくない」という経験はありますか?

それらの症状が1ヶ月以上続いている場合、食欲不振の可能性があります。

食べ物を摂取したいという、生理的な体や心の欲求の低下、喪失した状態のことを言います。「食欲低下」「食欲減退」「食思不振」とも呼ぶことがあります。

葉山町/葉山一色接骨院

食欲は、胃に食べ物が無い状態が続くと、血液の中にある、血糖値が低下したり、遊離脂肪酸値が上昇したりします。

そうすると、脳にある視床下部という空腹中枢が刺激されて空腹感を生み出します。これが「食べたい」という摂食行動を引き起こします。

したがって、これらの一連の流れのどこかに異常が出てしまうと、いわゆる「食欲不振」の状態になります。

原因としては、便秘、下痢、吐き気などによる消化、吸収機能の低下によるものや、疲労、睡眠不足などの精神的負担、全身状態の不良によるものなどがあります。

これらのストレスは、悪い姿勢で内臓を圧迫してしまっていたり、胃腸に負担のかかる食生活を続けてしまっていたりして、食欲不振を引き起こす原因となります。

病院などでは、食べ物を細かくして食べるように勧められたり、薬を処方されて経過観察されるケースがほとんどです。

特別な治療もなく、お薬に頼ることになり、根本から治していない状態が続いてしまいます。

逗子市/逗葉鍼灸接骨院

当院では、身体のどこが食欲不振の原因になっているかを患者さんの食生活、姿勢など関係しているところを丁寧に診ていきます。

食欲を司る所として、腹部、頭蓋骨が関係していることがあるので、深部整体術にて全身を調整し、食欲不振を改善していきます。

整体だけでなく、日常生活で意識すべきこと、食生活で気をつけるべきことなどをアドバイスさせて頂きます。

 

※本文は厚生労働省国家資格:柔道整復師 関野健太郎
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています