顎関節症

  • あごの関節から音がする
  • 最近口が開けにくくなった
  • 食べものを噛んだ時に痛みを感じる
  • 過去にあごが外れたことがある
  • 親知らずを抜いた後から噛み合わせに不安がある

逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

 

顎関節症とは

顎関節症はあごを構成する骨、筋肉、靭帯といった構造のバランスが様々な原因で崩れることによって生じます。

 

あくびをすると口の中で『カクン』といった音がしたり、ものを噛むと耳の付け根やこめかみが痛くなる。

こんな症状が現れたら顎関節症かもしれません。

顎関節症はこの十数年で急増していると言われ、特に20~30代の女性に多く見られます。

軽症なら自然に治ることもありますが、放置しておくと重症化してめまいや耳鳴り、肩こり、歯や舌の痛みが続いたり、口が開けられずに食事が摂れなくなったりすることもあります。

葉山町/葉山一色接骨院

顎関節症の原因とは?

原因はいくつかあげられます。

例えば下あごの骨と頭蓋骨の接続部分にある『関節円板』というクッションの役目を果たす組織がずれることで起きる場合があります。

関節円板は口を開け閉めするその動きに合わせて前後に動き、骨と骨がぶつかるのを防ぎますが、これが前方にズレたままになってしまうことがあります。

こうなると口を開け閉めする時に『カクン』と音がしたり口が開けにくくなってしまいます。

また物を噛むときに使っている「咀しゃく筋」という筋肉の障害も考えられます。長時間または慢性的にこの筋肉に負担がかかることで痛みが生じます。

このほかに、関節包や靭帯の障害によって起こるもの、関節の変形によって起こるものもあり、原因を突き詰める事が大切です。

 

逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

当院での施術

まず原因を特定し、適切な施術を行います。

あごの筋肉や側頭筋といってあごを引き上げる筋肉が原因であれば、USボルテージやハイボルテージといったオリンピック選手も使用している電療機器を使い筋緊張緩和・消炎処置を行います。

鍼治療も有効で原因となっている深部の筋緊張を緩和する効果があります。

また、姿勢も非常に影響します。猫背やストレートネックになると首の筋肉の筋緊張が強くなりあごが上がったり、あごが前に引っ張られます。その姿勢が続くと顎関節に負担がかかり噛み合わせに影響します。

姿勢や筋肉に原因がある場合、全身の筋膜リリースと仙腸関節調整を合わせた深部整体を行うことにより痛みを根本から取り除きます。

 

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔整復師 関野健太郎

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています。

 

重症例に関しては、提携する整形外科へ紹介状を作成し診察して頂きます。近隣のドクターとの連携も重要視しています。