足根管症候群

  • ランニングやジョギングの後に足首周りが痛む
  • 特定の靴を履いた時に足首が焼き付くように痛い
  • 足の裏の感覚が鈍り、冷えを感じる
  • くるぶしから足先にかけて痺れるが、レントゲンでは異常がないと言われた
  • 足が痺れが気になり、過去に大きな足首の捻挫や骨折がある

足根管症候群| 葉山町 葉山一色鍼灸接骨院

足根管症候群とは

足根管症候群は、足の裏を支配する神経が圧迫されるか損傷する事によって

足首、足、足の指の痛みが起こる状態です。

症状は歩いたり、特定の靴を履いた時に起こる焼けつくような痛みや、チクチクする痛みなどです。

 

足根管症候群 逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

足根管症候群の原因は

内くるぶしからかかとの骨(踵骨)に向かって屈筋支帯というものがあり

この下を足首や足の指を動かす腱や血管、神経が通ってきます。

これらが通っているトンネルを足根管と呼び、この部分で脛骨神経が

何らかの原因で圧迫され足の裏に痛みや痺れが出たものを足根管症候群と呼びます。

常に痛みが感じる人もいれば、立ったり歩いたり体重がかかると症状が現れる人もいます。

足根管症候群| 葉山町 葉山一色鍼灸接骨院

当院の足根管症候群に対する治療

まず、神経を圧迫してしまっている原因の筋肉の筋緊張を取ることが最優先です。

特殊電気(USボルテージやハイボルテージ)や鍼治療で筋筋緊張を取り除きます。

また、当院オリジナル手技・深部整体で全身の筋膜リリースを行い、仙腸関節を整えて

症状の出ている足に負担のかからない身体を作ります。

まずは一度ご相談下さい。

 

※本文は厚生労働省国家資格:柔道整復師 関野健太郎

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています