脊柱管狭窄症

  • 歩くと足がしびれてしまう
  • 休み休みでないと、長い距離が歩けない
  • 座りっぱなしでも立ちっぱなしでも痛い
  • 朝、起き上がろうとする時が一番辛い
  • 趣味のスポーツが出来ない

脊柱管狭窄症|逗子市 逗葉鍼灸接骨院

脊柱管狭窄症でお悩みはありませんか?

  • 15分も歩くと足がしびれてしまう
  • 休み休みでないと、長い距離を歩けない
  • 座りっぱなしでも立ちっぱなしでも痛い
  • 朝、起き上がろうとする時が一番辛い
  • いつ、動けなくなるかという怖さが常にある
  • 趣味のスポーツが出来ない
  • 痛くてストレッチも出来ない
  • 体幹トレーニングをするが改善しない

何故症状が改善しないのか?

脊柱管狭窄症の診断を受けた方が、手術を受けても改善しない事が多々あります。

坐骨神経痛や腰痛は、局所的な原因ではなく全身のバランスの乱れによるものが

多いのです。痛みを訴える方の大半は猫背です。

猫背を治すには背骨だけでなく骨盤の仙腸関節の癒着を剥がし、機能を回復させる

必要があります。

脊柱管狭窄症|葉山町 葉山一色接骨院

根本から改善するために

当院では、ヘルニアによる腰痛、坐骨神経痛を根本から改善するためには、仙腸関節調整を

含む深部整体をお勧めします。

その上で、筋緊張や炎症が強い場合には鍼とマッサージ施術の組み合わせをお勧めします。

鍼灸保険について

炎症が強く日常生活も困難な痛みのある方や、整形外科での投薬、電気施術だけでは

なかなか効果が出ない方には、医師の同意書を頂いた上で鍼灸保険での施術も可能です。

脊柱管狭窄症|横須賀市 林 いっきづか鍼灸接骨院 船越町 ふなこし鍼灸接骨院

改善に必要な期間、通院頻度

基本的に、身体の状態を改善するには三ヶ月をワンクールで考える必要があります。

痛み自体は身体の状態によって様々です。

仙腸関節が原因の方の場合は、一回の施術で劇的に改善することもあります。

筋肉の過緊張や神経の炎症が原因の場合は、一ヵ月から三ヶ月をワンクールで考えて頂く

必要があります。

症状によって、来院頻度や施術内容が変わりますので、その都度最適な施術を提案致します。

特に、長年の無理がたたって症状がこじれている方や筋力や柔軟性が低下している方の場合は

日々の筋トレやストレッチ指導も随時指導し、痛みの出ない体づくりを目指します。

※本文は厚生労働省国家資格:柔道整復師 関野健太郎

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています。