肘部管症候群

  • 小指と藥指の痛みやしびれ
  • 肘を曲げた状態でしびれが強くなる
  • 箸などが使いにくい
  • 指が広げにくい、閉じにくい
  • 小指や藥指に力が入らない

肘部管症候群|逗子市 逗葉鍼灸接骨院

症状・原因

肘の内側には「肘部管」という空間があり、その空間に尺骨神経が通っています。

尺骨神経は、小指と藥指の指先まで伸びております。

肘の使い過ぎなど何らかの原因により肘が変形したり、尺骨神経が圧迫されることで

小指・藥指の痛みやしびれ、感覚がなくなるなどの症状が引き起こされます。

 

 

 

肘部管症候群|葉山町 葉山一色接骨院

施術

肘や腕の血流を改善する必要もありますが、

姿勢やバランスの乱れによる肩関節・肘関節、手関節の筋肉にかかる負担を軽減する

必要があります。

当院では、関節への負担や痛みを軽減できる仙腸関節調整を含む深部整体をお勧めします。

仙腸関節調整をする事で姿勢、骨盤の歪みが良くなり関節にかかる負担を軽減する事で

痛みが軽減出来ます。

その上で、筋緊張や炎症が強い場合に鍼やマッサージ施術の組み合わせもお勧めです。

 

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔道整復師 関野健太郎
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師:大久保敏崇 が監修しています。