肋間神経痛

  • 前かがみになった際に、脇に鋭い痛みが走る
  • 深呼吸をした時に片方の脇に痛みが出る
  • 寝返りをした時に肋骨に沿って痛みが走る
  • 背伸びをして腕を上げると脇にかけてズキッっと痛む
  • 背中に凝り感や筋肉の硬さを感じ、ピリッと痛むことがある

肋間神経痛 逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

肋間神経痛とは

肋間神経痛とは肋骨に沿って走っている神経が何らかの原因で痛む症状の事です。

あくまでも症状名であり、病名ではありません。

肋間神経痛 葉山町/葉山一色接骨院

肋間神経痛の原因

骨折や捻挫によるケガや、腫瘍によって神経が損傷し痛みを感じたり、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などの病気により神経が圧迫されて引き起こされることがあります。

また、帯状疱疹が原因になることもあります。

帯状疱疹とは帯状疱疹ウイルスの感染によって皮膚に赤いぶつぶつや水膨れを引き起こす病気ですが、皮膚症状が治まった後に神経痛を引き起こす場合があります。

その場合はじくじく・ぴりぴりとした痛みが背中~脇~胸のあたりに感じます。

冷えやストレスの影響を受けて誘発され痛むことが多く、過去に帯状疱疹を患ったことがある方は冬場冷やさないで温める対策が痛みの緩和につながります。

 

そして一番の原因と言われているのが、不良姿勢による胸郭周囲の筋肉への負担が影響して神経圧迫を起こしていることが原因として挙げられます。

肋間神経痛 逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

当院での肋間神経痛の施術

肋間神経痛などの神経の興奮を鎮める手段として、鍼灸やUSボルテージなどの特殊電気を使用した施術を提案させていただきます。

また、体の歪みの原因を根本から改善する葉山一色接骨院グループ独自の技術・深部整体を組み合わせるとより効果的に症状を緩和させることが出来ます。

深部整体では身体の歪みの原因となっている仙腸関節の調整に加え、骨盤の上に存在している胸椎と肋骨を繋ぐ関節「肋堆関節」を調整することで、骨盤と胸郭の動きを正常に戻し機能を回復させていきます。

人の身体は全身をボディースーツのような筋膜に覆われています。痛みの出ている患部、硬くなっている筋肉とは離れたところが原因で筋膜の動きを悪くしてしまい痛みを引き起こしていることもあります。

肋間神経痛によって固まってしまった筋肉だけでなく、全身の筋膜を調整し症状を軽減させていきます。

 

 

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔道整復師 関野健太郎
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師:大久保敏崇 が監修しています。