突然のぎっくり腰!

  • 朝起き上がろうとして腰が痛む
  • 無理に腰を動かして痛む
  • 腰も痛むが足まで痺れもあり辛い
  • 腰も痛むが背中、肩まで痛む
  • 重い物を持ち上げようとして動けない

ぎっくり腰| 葉山町 葉山一色鍼灸接骨院

ぎっくり腰とは

朝、起きたら突然動けなくなった。

くしゃみや咳で激痛が走る。

年に何回も動けなくなる

とても会社に行けそうにない…

明日から旅行なのに!どうしよう…

 

そもそもぎっくり腰とは正式に急性腰痛症と呼ばれ、重い物を持った拍子等、

突然の動作で前触れなく激痛が走り、動けなくなってしまう状態をいいます。

症状が長引く場合、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脳や内臓疾患などの

病気が隠れている事があります。

 

原因

西洋では魔女の一撃と呼ばれ、若い方も運動習慣のある方も、

ある日突然発症する可能性があります。

骨盤のゆがみ、腰周りの筋肉の脆弱、過度なスポーツの負荷などが原因で発症リスクが

上がります。

朝の洗顔で前屈した際やくしゃみ、咳でも発症します。

 

ぎっくり腰|葉山町 葉山一色鍼灸接骨院

治療法

腰を痛めて48時間は急性炎症期です。

炎症部位を冷やすことで痛みえをある程度抑えられるので初期の段階

(急性期)は患部を冷やすことが大切です。

患部に対するマッサージ(強度の刺激)などは控えて下さい。

まずは、保険施術での超音波、電気治療が炎症を抑えるのに効果的です。

ただし、まめに治療を行わないと効果は期待できません。

鍼治療はとくに、通常の医療機器では届かない深層部に刺激が入るのと、

1度打つとその効果が1週間近く継続するため、1日でも早く痛みを取りたい方や、

週に1回しか通院出来ない方におすすめです。

当院グループオリジナルの深部整体は仙腸関節の癒着、肋骨の癒着を調整し猫背を改善、

全身の筋膜の癒着を剥がす事により、痛みを根本から取り除きます。

ぎっくり腰は根本の原因を放置していると再発のおそれがあります。

再発を防ぐためにも、予防に努めていくことも大切です。

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔道整復師 関野健太郎

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています。