変形性膝関節症

  • 膝の痛み
  • 膝の不安感
  • 正座ができない
  • 長い距離を歩くと痛む
  • 段差で痛む

変形性膝関節症|葉山町 葉山一色鍼灸接骨院

変形性膝関節症とその原因

膝の関節内にある軟骨に傷がついてしまい、関節に炎症がおきてしまうものです。

進行すると膝を運動させた際軟骨が衝撃を吸収出来なくなり、軟骨がすり減って強い

痛みを感じます。軟骨は外側と内側があり、内側のすり減り進行するとO脚

外側のすり減りが進行するとX脚に変形します。

また痛みが強いため、あまり歩かなくなり脚の筋力低下を伴うケースが非常に

多いです。

治療法

当院では、膝に起きている炎症や膝周囲の筋緊張を取り除くために鍼とマッサージ施術を

組み合わせておすすめしています。最先端の機械である超音波ボルテージもおすすめです。

また膝の痛みをかばうため、姿勢悪化や膝周囲から離れた場所の筋緊張がつきものです。

そういった場合には全身調整を行い、姿勢を根本から改善する深部整体をおすすめ

しています。また、炎症が強く日常生活困難な痛みのある方や整形外科などでの

投薬、電気施術だけではなかなか効果が出ない方には医師の同意書をいただいた

上で鍼灸保険での施術も可能です。

 

 

 

変形性膝関節症|葉山町 葉山一色鍼灸接骨院

改善に必要な期間、通院頻度

痛みの強さ、筋肉の過緊張や、膝周囲の筋力補強など、症状により期間は

様々です。症状によって、来院頻度や施術内容が変わります。

そのため、毎回症状をしっかりと確認させていただいた上で、

最適な施術方法を提案致します。また日々の筋トレやストレッチ指導も

随時指導し、痛みのない身体作りを目指します。

※本文は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 関野健太郎

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています。