側弯症

  • 前かがみになった時に背中の高さが違う
  • 立ち姿勢の際にどちらかの肩が極端に下がっている
  • ズボンを履いた際にウエストラインが左右非対称になっている
  • 胸が圧迫される感じがして息切れが頻繁に起こる
  • 背中や腰の骨にピンポイントで痛みがある

側弯症 逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

以上の症状がある場合、側弯症かもしれません。

側弯症とは

人間の背骨は頚椎(首の部分)、胸椎(胸の部分)、腰椎(腰の部分)、そして仙椎・尾椎(骨盤の部分)から成り立っています。

その背骨を正面または後面から見た場合に、左右に曲がっている状態を脊柱側弯症といいます。

側弯の大きさは、上下で最も傾いている背骨どうしのなす角度(臨床的にコブ角といいます)で判断します。

この角度が10°以上であるものが側弯症です。

 

側弯症 葉山町/葉山一色接骨院

側弯症の種類

【1】特発性側弯症

特発性とは原因がわからない事を意味し、全体の80-85%を占めます。

年齢による分類

①乳幼児期側弯症:3歳以下で発症し、男児に多い。

②学童期側弯症:4~9歳に発症し、進行する例が多く見られます。

③思春期側弯症:10歳以降に発症し、多くは女子です。

 

【2】原因である病気がわかっている側弯症

①先天性側弯症:椎骨に生まれつき形の異常があるために発症する側弯症です。

②神経、筋原性側弯症:様々な神経や筋肉の病気が原因で発症する側弯症です。

③神経線維腫症による側弯症:レックリングハウゼン病とも呼ばれ、特有な色素斑、皮膚腫瘍などが原因です。

④間葉系疾患による側弯症:血管や結合組織の生まれつきの病気による側弯症で、マルファン症候群が代表的な病気です。

⑤その他の側弯症:放射線治療、やけどによるケロイド、骨系統疾患、感染、代謝疾患、脊椎の腫瘍などによっても側弯症が起こります。

 

側弯症 逗子市/逗葉鍼灸接骨院東逗葉深部整体院

当院での施術

基本的に当院で施術対象になるものは①の先天性側弯症です。

側弯症が疑われる状態で初診等でご来院の場合は、まずは問診にてお体の状態を把握させて頂き、整形外科や病院にご紹介状を発行し受診をお願いしております。

上記に記載の通り側弯症にも種類がある為です。

 

先天性側弯症で手術適応でない場合は、鍼灸治療やUSボルテージ・ハイボルテージといった特殊電気治療にて筋緊、痛みの張緩和を行います。

側弯によって生じた背骨付近の背中の筋肉は、凝り固まり疼痛を発生させます。

筋緊張の強い筋肉へのアプローチも重要ですが、側弯によって生じた身体全身のバランスが崩れることによる痛みやこりには葉山一色接骨院グループ独自の手技・深部整体にて施術させていただきます。

 

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔道整復師 関野健太郎

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています。